すき焼き

| 未分類 |

すき焼きと言えばゴチソウ、と思うのは昔の事でしょうか。

年がバレてしまいます。

しかし、秘伝の割り下を使い、最高の卵を付けて、最高級の黒毛和牛のお肉をすすって食べる。

これはもう贅沢としか言いようがありません。

すき焼きの語源はその名の通り、その昔農夫が農具のすきを鉄板の代わりにして食材を焼いて食べたところからついたそうです。

外ですき焼きを食べるのはちょっと贅沢かなと思う時には家でもそれなりの材料を買えば十分美味しくできます。

家ですき焼きを作る時には割り下の味がとても重要になってきます。

高いお肉を買ったからと言っても、割り下の味がしょっぱすぎたり甘すぎたりしてしまっては台無しになってしまいます。

また、割り下は大きく言うと関西風と関東風に分かれていて、

関西では先にお肉を焼いてからザラメや酒、醤油で味付けをして野菜などを入れていきますが、

関東風はみりん、醤油、出汁を入れ、肉と野菜を同時に煮込んで行く調理方法です。

関東風の方がやさしい感じで関西風の方がガッツがある感じでしょうか。

どちらも美味しい事に変わりはないと思います。

溶いた卵に割り下の染みたピンク色のお肉をつるりと通して口に運べば誰でも幸せな気分になれますね。