もつ鍋

| 未分類 |

もつ鍋は元々福岡の方の郷土料理として生まれたものですが、今では全国各地で色んな味のもつ鍋を楽しむことができます。

もつのような内臓系の食べ物を苦手とする人も多いと思いますが、昔と比べると調理方法も臭みを取ったり柔らかく煮込んだり、

色々工夫がされて最近はかなり美味しくなって万人に受けるようになりました。

もつ鍋は、仕事帰りのサラリーマンがガード下で一杯ひっかけながら食べるイメージから、家でも簡単に作れる家庭料理としても定着してきましたね。

もつは他の肉と比べても安価で手に入れやすいし鍋以外にもレシピが色々あって、

結構重宝します。もつ鍋にする時には必ず一度鍋に入れて吹きこぼすことが大事です。

その後、もつを水洗いして改めて野菜などと一緒に煮込んでいくのです。

それをしないともつの野性的な臭いが残ったままになってしまいます。

結構綺麗に洗っても風味がなくなるとか滅多にないのでしっかり洗っても大丈夫です。

そしてスープは全国各地、あるいはそれぞれの家庭で全く違っているので作る度に新しい感動が生まれます。

鶏がら、味噌、辛味噌、醤油、塩味、カレー味のもつ鍋をつくる人もいます。

進化し続けるもつ鍋なので、もつ鍋が好きな人は味に飽くことなき探求を続ける事でしょう。